看護師について

 

男性も女性も一度は憧れたことのある「白衣の天使」こと看護婦さん。以前は女性のイメージが強かった。(男性は看護士って区別されていましたね…余談ですが高校生の時、交通事故に会い入院した私立病院に看護士さんが1人いたが、何故か言葉の語尾が女性のような口調になっていたことが気になりながらも、最後まで聞けなかったことを思いだしてしまった。結局どっちだったのだろう・・・)、本題に戻るが最近まで「看護師」っていう単語を意識していなかったのでてっきり看護師って聞くと介護に携わる仕事をしているようなイメージをしていましたが、男女差別を失くす為だっかのだろうか、2002年3月から「看護師」と規定されるように改正があってたんですね。

 

個人的に2002年3月以降も入院したことありましたが普通に看護婦長の職についている女性に「婦長さん」って患者さんや病院のスタッフさん達も読んでいた記憶しかないんですが…でもさらに調べると法律上、行政上の名称変更であって「看護婦」という慣用的な呼称の使用については、普段の生活の場において使用したからといって差別になったり、制限されるものではないと記載あった。
じゃあ、職業の中身だけ統一すれば良かったんじゃね?と思いながら機会があれば今後は師長(正式は看護師長)さんって読んでみようと思った矢先に「市長」と音が一緒なのでやっぱりなんかしっくりこないな。と思った自分がいた。皆さんはどう感じましたか?

 

 

看護師について関連ページ

看護師,転職について
看護師になるためのメリットやリスク、それを決める基準はあくまでも自分だということを記載しています。
看護師,動機について
看護師になりたいタイプは2種類あるということと、その解説を記載しています。
看護師,動機,憧れについて1
看護師に憧れでなりたい人の注意してほしいことと、応用力の大事さを記載しています。
看護師,動機,憧れについて2
看護師にマンガやドラマ等の影響でなりたいと思った人への考え方についてと、仕事に対するイメージの大切さを記載しています。
看護師,動機,憧れについて3
看護師の仕事内容が自分で思っているものと違うことだって多々あるということと、高い目的意識に自分を成長させてほしい理由を記載しています。
看護師,動機,就職活動
学生の看護師への就職のことと、看護師の就職率の高さを記載しています。
看護師,メリット・転職方法
看護師の国家資格のメリットについてと、他の職業との就職方法の違いについて記載しています。
看護師,メリット,魅力
看護師のメリットの一番強い点や、看護資格を持つことで一生涯仕事に困らない理由を記載しています。