看護師として就職するには

看護師として就職するには記事一覧

①情報収集

就職活動はなんといっても情報収集が不可欠です!まずはどこで働くのかを決める為の情報収集が重要と言えます。看護師として働く環境は病院に限りません。今までの概念をとっぱらうことも必要です。看護師になるためにはまず看護学校の卒業ですが、学校が就職先を斡旋してくれるわけではないので、やはり自分で探すことにな...

≫続きを読む

 

②資料請求

最初の段階で選択肢を増やす意味でも情報は多ければ多いほどよいものです。その中から徐々に篩にかければいいのです。自分が働きたい職場というものが、色んな情報を検討して行くうちに見えてくると思います。焦って探しがちになりますが、情報収集で得た情報の中から厳選していければいいので焦るよりじっくり腰を据えて探...

≫続きを読む

 

③見学会

実際に採用試験を受けたい病院や施設がいくつか見つかるとします。その場合、とくに病院等では、自分が行ったことがない病院だと雰囲気もわからず不安だと感じることもあるでしょう。資料やWEBサイトを見れば、ほとんどの場合病院内の様子がわかるようになっています。当然それらの画像や動画で大体のイメージは掴めると...

≫続きを読む

 

④インターンシップ

実はこの見学会というのは昔から実施されているシステムですが、その他に職場の雰囲気を実体験できる制度で「インターンシップ」というものがあります。インターンシップというのは正式に就職する前にそこがどういう職場でどんな仕事をするのか、自分に合っているか、さらには雇う側としても応募して来た人物がどんな人なの...

≫続きを読む

 

⑤筆記試験

さて、看護学校を無事に卒業し自分が働きたい場所が見つかったらいよいよ採用試験です。保育園や個人病院であれば、自分で連絡をし履歴を持参するとかしてその後面接にすすめるところが多いですが、行政施設だったり大きな病院の場合は、就職試験というのは免れません。就職試験とは一体どのような試験なのでしょうか。一般...

≫続きを読む

 

⑥面接

次に「面接試験」について考えてみましょう。筆記試験は自分の実力ですからともかくとして、この面接試験を苦手とする人は意外と多いのではないでしょか。面接ではほぼ初対面の年上の方とお話するわけですから、何を聞かれるのかどう答えたらいいのかと緊張してしまいます。しかしあまり緊張しすぎると、本来持っている自分...

≫続きを読む

 

⑦内定通知

看護師に限ったことではありませんが、就職活動で採用試験を受ける先というのは最初から一つに絞る必要はありません。どうしてもこの職場がいい、公務員として働きたいという第一候補は明確にしておく必要があります。しかし、採用試験を受ける所を一つに限ってしまうと、万が一そこが受からなかった場合大変なことになって...

≫続きを読む

 

⑧保健所の試験

保健所の職員として働く場合、どちらかというと自治体の地方公務員ということになるので公務員試験に近くなります。もちろん、公務員試験とまったく同じではありませんが。保健所の職員といっても、あくまで「看護師」という専門職になりますから一般的な公務員試験とは異なり、採用方法も違うのです。まず気をつけておかな...

≫続きを読む

 

看⑨看護師としての知識

さて、これまでは様々な職場で看護師として働くための就職試験に関することを記述してきました。誰にでもできる仕事ではありませんので、看護師を採用する指標となるものは当然専門知識をしっかりと身につけているかということです。コミュニケーションや人柄も当然重要な指標ですが、専門知識がない人を選ぶわけにはいかな...

≫続きを読む

 

⑩コミュニケーション

医療現場では専門知識とコミュニケーション能力が重要な点です。企業側からすれば専門知識があり対応能力があれば、業務をこなせますが、看護師は人と向き合う職業です。患者の病気を治すのは医師の仕事ですが、それ以外の身体面や精神面のケアなどは、すべて看護師の仕事になるのです。特に精神面というのはきちんと相手と...

≫続きを読む