①情報収集

 

就職活動はなんといっても情報収集が不可欠です!まずはどこで働くのかを決める為の情報収集が重要と言えます。看護師として働く環境は病院に限りません。今までの概念をとっぱらうことも必要です。

 

看護師になるためにはまず看護学校の卒業ですが、学校が就職先を斡旋してくれるわけではないので、やはり自分で探すことになります。自分の歩む将来の道ですから慎重に自分の志を持って決めていかなければなりません。また、自分がどんな看護師になりたいのか明確にビジョンを描いておくことも大切です。その時のためにも情報収集は欠かせないのです。情報収集といっても実際にはどのようにしたらいいのでしょうか。

 

病院勤務であればハローワーク等に通うより、看護師や医療従事者専門の求人を提示している会社に登録するという手段の方が有効なようです。専門で限定していれば効率よく求人を見つけることもできるでしょう。また、登録した会社での求人相談にも乗ってくれる場合があるので一人で探すより遥かに効率がよいです。さらに、インターネットの求人サイト等で情報を集めることもできます。そういったサイトには実際の体験談等も掲載されているので、求人そのものを含め、就職活動において役に立つ情報を得られることがあります。

 

実際に働いている人の体験談を知ることで、今後の就職活動、そして就職後のイメージの参考になると考えます。

 

 

①情報収集関連ページ

資料請求
就職活動初期の情報収集の方法と自分のアピールポイントについてを記載しています。
③見学会
採用試験に行く際の緊張をほぐす方法と、見学会に行く事の必要性についてを説明しています。
④インターンシップ
看護師として採用されやすい人のことや、見学会は雇う側雇われる側双方にメリットがあるということを説明しています
⑤筆記試験
看護師の採用試験はどういった事をするのかと、採用されやすくなるためのやるべきことをことをまとめています。
⑥面接
看護師の面接試験についてと、面接試験での対応策についてを記載しています。
⑦内定通知
就職活動は1つに絞る必要がないいうことと、何故一つに絞る必要がないのかを説明しています。
⑧保健所の試験
看護師の就職において、公務員など一般の企業と就職試験の内容には大差がないということを記載しています。
看⑨看護師としての知識
看護師という仕事は誰にでも出来ると仕事ではないということと、どういったことが必要なのかをまとめています。
⑩コミュニケーション
医療現場では専門知識とコミュニケーション能力が必要であるということと、このことを採用前から頭にいれておく必要があるということを記載しています。