資料請求

 

最初の段階で選択肢を増やす意味でも情報は多ければ多いほどよいものです。その中から徐々に篩にかければいいのです。自分が働きたい職場というものが、色んな情報を検討して行くうちに見えてくると思います。焦って探しがちになりますが、情報収集で得た情報の中から厳選していければいいので焦るよりじっくり腰を据えて探すべきです。

 

そして情報収集でいいなと感じた場合、まずは病院案内や施設案内の資料を請求してみましょう。実際にその施設の概要や中には募集要項を知ることができるものもありますので、より現実的に検討することが可能になります。求人情報だけの情報では、書類選考や面接時にいかに自分がこの施設を希望しているのか、どこに魅力を感じたのかを説明する際どうしても言葉不足になってしまいがちです。

 

資料により概要を知ったり特徴を知ることで、自分のアピールの材料にもなるのです。ここは非常に重要なポイントです。面接時に自分の気持ちだけを伝えればよいわけではありませんから、「この職場を選んだ理由」を細かく説明できるとより好感も持ってもらえます。資料の請求ですが、自分で取りに行くだけでなく今は電話やインターネットで請求でき便利です。電話の際は、施設側で請求者をデータ化する場合があります。

 

ですから、その際に自分が看護師の資格を持っているということをアピールするのもよいと思います。

 

 

②資料請求関連ページ

①情報収集
看護師の就職活動についてと、その情報収集やりかたについてを記載しています。
③見学会
採用試験に行く際の緊張をほぐす方法と、見学会に行く事の必要性についてを説明しています。
④インターンシップ
看護師として採用されやすい人のことや、見学会は雇う側雇われる側双方にメリットがあるということを説明しています
⑤筆記試験
看護師の採用試験はどういった事をするのかと、採用されやすくなるためのやるべきことをことをまとめています。
⑥面接
看護師の面接試験についてと、面接試験での対応策についてを記載しています。
⑦内定通知
就職活動は1つに絞る必要がないいうことと、何故一つに絞る必要がないのかを説明しています。
⑧保健所の試験
看護師の就職において、公務員など一般の企業と就職試験の内容には大差がないということを記載しています。
看⑨看護師としての知識
看護師という仕事は誰にでも出来ると仕事ではないということと、どういったことが必要なのかをまとめています。
⑩コミュニケーション
医療現場では専門知識とコミュニケーション能力が必要であるということと、このことを採用前から頭にいれておく必要があるということを記載しています。