⑦内定通知

 

看護師に限ったことではありませんが、就職活動で採用試験を受ける先というのは最初から一つに絞る必要はありません。どうしてもこの職場がいい、公務員として働きたいという第一候補は明確にしておく必要があります。

 

しかし、採用試験を受ける所を一つに限ってしまうと、万が一そこが受からなかった場合大変なことになってしまいます。就職試験というのは大学の入試とは異なり、「受からなかったら1年浪人してまた来年受ければいいや」というわけにはいかないのです。その1年、勉学に励むのと現場で経験を積んでいるかどうかはまったく違うからです。

 

ですから看護学校を卒業したらまずは就職をすることが目標となります。そういった意味でも、第一候補の他にいくつか採用試験を受ける必要があると考えます。ですが、新卒採用の試験というのは大体時期が決まっていますから、日程が重なることのないよううまく調整する必要もあります。採用試験に合格したら必ず採用通知が届きますがもし落ちてしまっても、すぐに気持ちを切り替えて次に臨むことが大切です。また、内定通知が届いた場合にはそこが第一希望のところであればすぐにお礼の連絡をしましょう。

 

しかし第一希望でなかった場合、なるべく早く決断をし、もし断る場合には辞退する旨誠意をもって連絡しましょう。どの職場にするのかは最終的には自分できめなければなりません。その際には、第一希望と気持ちが変わっていることもありますので、今までのことを思い出し慎重に決断しましょう。

 

そして有り難く採用通知を頂いて断る場合には、感謝の言葉を入れた断り状を出すということも、社会人の第一歩として大切です。

 

 

⑦内定通知関連ページ

①情報収集
看護師の就職活動についてと、その情報収集やりかたについてを記載しています。
資料請求
就職活動初期の情報収集の方法と自分のアピールポイントについてを記載しています。
③見学会
採用試験に行く際の緊張をほぐす方法と、見学会に行く事の必要性についてを説明しています。
④インターンシップ
看護師として採用されやすい人のことや、見学会は雇う側雇われる側双方にメリットがあるということを説明しています
⑤筆記試験
看護師の採用試験はどういった事をするのかと、採用されやすくなるためのやるべきことをことをまとめています。
⑥面接
看護師の面接試験についてと、面接試験での対応策についてを記載しています。
⑧保健所の試験
看護師の就職において、公務員など一般の企業と就職試験の内容には大差がないということを記載しています。
看⑨看護師としての知識
看護師という仕事は誰にでも出来ると仕事ではないということと、どういったことが必要なのかをまとめています。
⑩コミュニケーション
医療現場では専門知識とコミュニケーション能力が必要であるということと、このことを採用前から頭にいれておく必要があるということを記載しています。