看⑨看護師としての知識

 

さて、これまでは様々な職場で看護師として働くための就職試験に関することを記述してきました。誰にでもできる仕事ではありませんので、看護師を採用する指標となるものは当然専門知識をしっかりと身につけているかということです。

 

コミュニケーションや人柄も当然重要な指標ですが、専門知識がない人を選ぶわけにはいかないので、同じくらい大切になってくるのです。医療というのは多岐に渡るため、看護師としての知識は膨大な量を身につけなければなりません。医療に関すること全てを網羅する必要があるのです。現場で、「わかりません」は通用しないのが医療現場です。

 

例えば、患者は常に自分の体のことを考えますから、今どのような状態なのかいつになったら治るのか等が気になってしまう人が多いのです。診察時に医師に聞けなかったこと言えなかった事などをそのあと看護師に相談することもあるのです。そのときに「わかりません」と答えたらどうなるでしょうか?絶対的に看護師としての信用は失われます。一人一人の容体を常に把握しておくことはとても大変ですが、患者の疑問や体の様子を理解してそれはどういう病気なのか、どうすることが一番よいのか等ある程度理解して、看護師として患者の立場に立って答えなければならないのです。

 

そういった点でも、看護師としての知識をしっかりと身につけておく必要があります。

 

 

看⑨看護師としての知識関連ページ

①情報収集
看護師の就職活動についてと、その情報収集やりかたについてを記載しています。
資料請求
就職活動初期の情報収集の方法と自分のアピールポイントについてを記載しています。
③見学会
採用試験に行く際の緊張をほぐす方法と、見学会に行く事の必要性についてを説明しています。
④インターンシップ
看護師として採用されやすい人のことや、見学会は雇う側雇われる側双方にメリットがあるということを説明しています
⑤筆記試験
看護師の採用試験はどういった事をするのかと、採用されやすくなるためのやるべきことをことをまとめています。
⑥面接
看護師の面接試験についてと、面接試験での対応策についてを記載しています。
⑦内定通知
就職活動は1つに絞る必要がないいうことと、何故一つに絞る必要がないのかを説明しています。
⑧保健所の試験
看護師の就職において、公務員など一般の企業と就職試験の内容には大差がないということを記載しています。
⑩コミュニケーション
医療現場では専門知識とコミュニケーション能力が必要であるということと、このことを採用前から頭にいれておく必要があるということを記載しています。