やりがいを感じるとき

 

看護師という仕事は非常に専門性が高い仕事ですが、それだけやりがいのある仕事だとも言えます。世の中にはたくさんの職業がありますが、なんとなく看護師になろうと思ったという人はそんなにいません。

 

看護師になる人はなんらかの強い意志があったから、その仕事をしているのです。どうしてそう言い切れるのかというと、看護師になるまでには大変な道のりがあるからです。看護師になるためには大学に通うか、看護学校に行く必要があります。そのためまずは学校に入るために試験を受けなくてはいけません。学校の試験というのは国語や数学などそこまで教科数は多くはないのですが、倍率が高い所であれば9割近くは正答している必要があります。その後無事合格して学校に入った後からが大変な時間になっていきます。

 

医療系の仕事をするためには必ず資格が要ります。資格を持たなくてはいけないということは、そのための条件をクリアしなければいけません。看護師であれば学校の科目の単位を全て習得しなくてはいけないのです。その量も膨大なのですが、病院での実習もあります。この間というのは病院で実際に動かなくてはいけませんし、その後実習レポートも作成しなければいけません。

 

ここまでクリアしてやっと試験を受けることができるのです。こんなに大変なことをするためには、ちょっとした動機だけではできないのです。なので看護師になった人というのはやりがいを求めている人が多いのです。

 

 

やりがいを感じるとき関連ページ

①患者さんや家族に感謝された
看護師の仕事をこなすことで得られる患者さんやその家族との関係について記載しています。
②自分自身の働きを感じた時
看護師の仕事内容の大変さとやりがいについて記載しています。
③成長を実感できた時
看護師としての成長することでやりがいを感じたり、自覚について記載しています。
④給与をもらった時
看護師と他の職業との仕事の大変さや給料の違いなどを記載しています。
⑤上司に褒めてもらった
職場における上司や部下との関係とやりがいについて説明しています。
⑥患者さんの状態が改善した
看護師の使命や患者さんとの接し方について記載しています。
⑦緊張感のある場面で自分の仕事をすることができた
看護師の職場において起こりえる緊急事態とそれを乗り越えた時の達成感について説明しています。
⑧チームの一員として頑張れた
看護師の仕事としてチーム活動の難しさや大変さから得る達成感について解いて言います。
⑨専門性が上がった
専門職である看護師の知識と日々進化する医療の進歩について説明しています。
⑩上司や同僚に頼られた
常日ごろの仕事に対する姿勢や上司との良好な関係築くことの大事さについて説明しています。