③成長を実感できた時

 

例えばスポーツ選手はとても過酷な練習を毎日行っています。普通の人であれば1日でギブアップしてしまいそうな練習メニューでも、淡々とこなすことができます。同じ人間としてどうしてそこまでできるのか不思議だと思うことはありますが、スポーツ選手が頑張れる理由の一つは自分の成長を感じることができるからです。

 

どんなに苦しくてもこの前までできなかったことができるようになったり、タイムが早くなったということを実感出来ればまた頑張ろうという風に思えます。それぐらい自分の成長を感じるということは、モチベーションを上げる効果があります。このことはスポーツ選手に限りません。私たちも同じです。看護師であれば成長を感じることはよくあります。

 

新人の頃というのはほとんどの人が、学校で学んだことと実際病院で行うことの違いに驚きます。それぐらい実務というのは違うのですが、そこでできませんということは許されないので必死に仕事を覚えます。最初のうちはできないことばかりでへこむことが多いですが、だんだん時間がたってくるとへこむことが少なくなり自分で率先して動くことができます。自分がわからなかったことが、自然とわかるようになった時などはとても成長を感じます。こんなことも判断できるようになったと自覚すると、とても仕事に対してモチベーションが上がります。

 

このことは大きなことではなくていいのです。小さな成長を積み上げていくと、いつのまにか大きな成長につながっているのです。

 

 

③成長を実感できた時関連ページ

やりがいを感じるとき
看護師になるための過程の大変さや、やりがいについて説明しています。
①患者さんや家族に感謝された
看護師の仕事をこなすことで得られる患者さんやその家族との関係について記載しています。
②自分自身の働きを感じた時
看護師の仕事内容の大変さとやりがいについて記載しています。
④給与をもらった時
看護師と他の職業との仕事の大変さや給料の違いなどを記載しています。
⑤上司に褒めてもらった
職場における上司や部下との関係とやりがいについて説明しています。
⑥患者さんの状態が改善した
看護師の使命や患者さんとの接し方について記載しています。
⑦緊張感のある場面で自分の仕事をすることができた
看護師の職場において起こりえる緊急事態とそれを乗り越えた時の達成感について説明しています。
⑧チームの一員として頑張れた
看護師の仕事としてチーム活動の難しさや大変さから得る達成感について解いて言います。
⑨専門性が上がった
専門職である看護師の知識と日々進化する医療の進歩について説明しています。
⑩上司や同僚に頼られた
常日ごろの仕事に対する姿勢や上司との良好な関係築くことの大事さについて説明しています。