④給与をもらった時

 

今度はお金の話をしたいと思います。お金というものはある意味とてもわかりやすい価値です。たくさん手に入れたら、それだけで自分の価値が上がったと勘違いしてしまうことがあります。ですから世の中の人の多くは、お金をたくさん手に入れるために頑張っています。

 

このことは決して悪いことではありません。もちろん何らかの決まりに背いてお金をもらうということはいけないことですが、しっかりと働いたからお金をもらうということはとても大事なことです。この点でいうと看護師も同じことが言えます。看護師は専門職だという話をしましたが、その分普通の会社員よりは良い給料をもらっていることが多いです。公務員である保健所の職員などはある程度額が決まっていますが、病院の場合はそれなりの給料をもらうことができます。

 

この給料をモチベーションとして頑張っている人も大勢います。看護師の仕事というのは大変なのですが、それなりの給料をもらえるから頑張れるという人もいます。その給料で美味しいものを食べたり、好きな映画を見て英気を養えばまた看護師として頑張ることができます。最近ではさらに専門の勉強をするために、給料を貯金している人もいます。それも一つの目標なので、強いモチベーションにすることができます。

 

その場合は自分自身にわかりやすいように目標額を提示しておくといいかもしれません。

 

 

④給与をもらった時関連ページ

やりがいを感じるとき
看護師になるための過程の大変さや、やりがいについて説明しています。
①患者さんや家族に感謝された
看護師の仕事をこなすことで得られる患者さんやその家族との関係について記載しています。
②自分自身の働きを感じた時
看護師の仕事内容の大変さとやりがいについて記載しています。
③成長を実感できた時
看護師としての成長することでやりがいを感じたり、自覚について記載しています。
⑤上司に褒めてもらった
職場における上司や部下との関係とやりがいについて説明しています。
⑥患者さんの状態が改善した
看護師の使命や患者さんとの接し方について記載しています。
⑦緊張感のある場面で自分の仕事をすることができた
看護師の職場において起こりえる緊急事態とそれを乗り越えた時の達成感について説明しています。
⑧チームの一員として頑張れた
看護師の仕事としてチーム活動の難しさや大変さから得る達成感について解いて言います。
⑨専門性が上がった
専門職である看護師の知識と日々進化する医療の進歩について説明しています。
⑩上司や同僚に頼られた
常日ごろの仕事に対する姿勢や上司との良好な関係築くことの大事さについて説明しています。