⑨専門性が上がった

 

専門職というのは他の人が知らない知識を持っているということです。小学校や中学校などの義務教育ではみんな同じことを学びます。しかしその後どのような職業を選択するかによって、その人にあった勉強をしなければいけないのです。看護師は医療従事者ですから、医療に関することを勉強する必要があります。

 

医師に比べると勉強するボリュームは少ないですが、それでも難易度は高いですし新たに覚えなければいけないことが山ほどあります。そして専門職の大変なところは、常に専門技術というのは進化し続けているということです。一昔前では考えられなかったことでも、今では当たり前にできるということもあります。例えば日帰り手術がそうです。手術をしなければいけないという時には、必ずその前後の何日間は入院をするのが当たり前でした。それぐらい手術というのは身体に負担がかかることなので、事前準備もあとのケアも必要だったのです。しかし今では医療の進歩によって、手術したその日に家に変えることができるということが増えました。

 

全部の病気に通じるということではないのですが、自分が手術をした時にすぐ帰れるとはだれも思わないのでしょうか。そのように日々医療は進歩しているので、その新しい技術を看護師も勉強する必要があるのです。そうしなければ新しく入った看護師に、すぐに知識の差で抜かれてしまいます。

 

 

⑨専門性が上がった関連ページ

やりがいを感じるとき
看護師になるための過程の大変さや、やりがいについて説明しています。
①患者さんや家族に感謝された
看護師の仕事をこなすことで得られる患者さんやその家族との関係について記載しています。
②自分自身の働きを感じた時
看護師の仕事内容の大変さとやりがいについて記載しています。
③成長を実感できた時
看護師としての成長することでやりがいを感じたり、自覚について記載しています。
④給与をもらった時
看護師と他の職業との仕事の大変さや給料の違いなどを記載しています。
⑤上司に褒めてもらった
職場における上司や部下との関係とやりがいについて説明しています。
⑥患者さんの状態が改善した
看護師の使命や患者さんとの接し方について記載しています。
⑦緊張感のある場面で自分の仕事をすることができた
看護師の職場において起こりえる緊急事態とそれを乗り越えた時の達成感について説明しています。
⑧チームの一員として頑張れた
看護師の仕事としてチーム活動の難しさや大変さから得る達成感について解いて言います。
⑩上司や同僚に頼られた
常日ごろの仕事に対する姿勢や上司との良好な関係築くことの大事さについて説明しています。