看護師の職場とは

看護師の職場とは記事一覧

看護師の職場とはどういったものなのか?

看護師といえば「白衣の天使」、思いやりがあって、優しいイメージがします。誰もが一度はお世話になったことがある身近な存在です。実際の看護師の仕事は、とても幅広く様々ですが、主に医師の医療行為の補助と患者さんの身の回りのお世話をします。治療や問診といった医療行為を医師が行う際、看護師は常に側にいてこれを...

≫続きを読む

 

①規模の大きな病院

看護師の資格を持っているにもかかわらず、看護師として働いていない人が増えている理由を説明する前に、まずは看護師が働いている場所について説明したいと思います。看護師が働く場所として誰もが真っ先に思い浮かべるのは病院です。実際にも看護師が働く場所として一番多いのは病院です。もっとも、一口に病院といっても...

≫続きを読む

 

②個人病院

病院の中には、大きな規模の病院だけではなく、クリニック、診療所といった個人病院もあります。いわゆる町のお医者さんで、私たちにとってとても身近な病院です。個人病院は規模も小さく、入院設備をそろえていない病院がほとんどです。個人病院は、診療科目が限定されていることが多く、病院の特徴も様々なので、自分が希...

≫続きを読む

 

③保健所

看護師が働く場所は病院だけではありません。行政の医療機関や公衆衛生に関する施設でも看護師は働いています。公衆衛生に関する施設の一つが保健所です。保健所での看護師の仕事は、健康に関する指導が多く、医師の医療行為の補助や患者さんのお世話をすることが多い病院での仕事とは少し異なった特徴があります。保健所で...

≫続きを読む

 

④介護施設

介護施設でも多くの看護師が活躍しています。特に最近では、病院で働くことを希望する看護師さんと同じくらい介護施設で働くことを希望する看護師さんは多くなっています。日本では医療が発達しているため、病院や医療に関する施設はとても多く、既に病院や医療施設で働いている看護師さんの数も多いので、看護師さんの数が...

≫続きを読む

 

⑤訪問看護

看護師として働くことができる場所には、患者さんの自宅もあります。訪問看護というものです。訪問看護では、自宅療養している患者さんの自宅を個別に回って、患者さんのケアを行います。最近は、病院のベッドの数が足りないことから、病院に入院してある程度回復した患者さんや症状の軽い患者さんには、自宅療養が勧められ...

≫続きを読む

 

⑥その他

これまで紹介した職場は、看護師の資格を取得した後に考える進路として多いものですが、これらの職場以外にも、看護師の資格を活かして働くことができる場所はあります。まず、保育所が挙げられます。保育所で乳幼児のお世話をするのは主に保育士の仕事ですが、看護師を置いていると、子ども達が突然病気になったり怪我をし...

≫続きを読む