看護師の職場とはどういったものなのか?

 

看護師といえば「白衣の天使」、思いやりがあって、優しいイメージがします。誰もが一度はお世話になったことがある身近な存在です。実際の看護師の仕事は、とても幅広く様々ですが、主に医師の医療行為の補助と患者さんの身の回りのお世話をします。

 

治療や問診といった医療行為を医師が行う際、看護師は常に側にいてこれを補助します。医師の指示のもと病人の看護や怪我人の手当てを行います。患者さんやその家族の意向を医師に伝え、患者さんやその家族への対応も行います。このように、実際に医療行為を行うのは医師ですが、看護師はその手伝いをするため、それ相応の医療に関する専門的知識・技術を持つことが要求されます。

 

このような看護師として仕事を行うために必要な専門的知識・技術は、看護学校で勉強します。したがって、看護師になるためには、看護学校に最低2年以上は通わなければなりません。看護学校で授業を受けて必要な専門的知識・技術を勉強します。

 

また、実際の病院や医療施設などで行われる実習を通じて看護師の仕事をするために必要なことを身につけなければなりません。看護師の仕事は、時には命にかかわる大変な仕事ですので、看護師になるための勉強量は膨大です。そのため、看護師になる人の数は減っています。

 

さらに、長い時間をかけて看護学校へ通い、苦労してせっかく資格をとったにもかかわらず、その資格を活かして看護師としての仕事に就かない人が増えています。その理由について説明していきたいと思います。

 

 

看護師の職場とはどういったものなのか?関連ページ

①規模の大きな病院
病院の規模が大きくなれば、仕事内容も必然的に増えます。その職場の雰囲気はどうでしょうか。
②個人病院
病院の規模が大きくなれば、仕事内容も必然的に増えます。その職場の雰囲気はどうでしょうか。
③保健所
看護師の仕事の場が広がってきている昨今の看護業界の転職先に、公務員である保健所も含まれるようになりました。その現場ではどんなことをするのでしょうか。
④介護施設
高齢化社会の現代、介護施設にも看護師は求められています。病院と違って融通が利く介護施設のメリットはどこでしょうか。
⑤訪問看護
訪問看護は色々な患者さんとマンツーマンで向き合うほかに、家族の方とのコミュニケーションも必要となるため、キャリアアップにおすすめの看護業です。なぜそのような仕事がもとめられているのでしょうか。
⑥その他
看護師=病院という職場に限られた仕事ではありません。会社専属の看護師になったり、保育園で子供と触れ合いながら看護を学んでいける素敵な仕事場もあります。転職先は無限大です。あなたの目指すものはなんですか?